2012年03月15日

Xcode4.3 と Commad Line Tools をアンインストールする

Xcode4.3 (4.3.1) をアンインストールするのは簡単で、Xcode.app をゴミ箱に捨てるだけです。設定ファイルなどが気になる人は、AppClearner.app を使って捨てるといいでしょう。一般のアプリと変わらないですね。

ただ、Xcode 上からインストールした Command Line Tools をアンインストールしたい場合はターミナルで削除する必要があります。

Command Line Tools の削除方法

#CommandLineToolsの削除
sudo /Library/Developer/Shared/uninstall-devtools --mode=all
完了したら再起動しておきます。

注意点としては、普段は大文字小文字を区別しないモードで使用していても、このときは大文字小文字を区別して入力することです。そうしないとこんなエラーが出ます。
This script must be run from either a Shared or Versioned folder.

この uninstall-devtools は削除完了時に一緒に削除されることがあるようなので、必要に応じてバックアップしておくといいと思います。ちなみに僕は知らずに実行して、まんまと消えました。(timemachine で復活させました。)

これ、中身をざっと見た感じ Xcode4.2 の削除ツールみたいですね。でも Command Line Tools を削除するにはこれを使うのが簡単確実みたいです。

ラベル:Xcode
posted by ガトー at 17:41| Comment(0) | Mac | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。